ハイバイ、もよおす(芝居)

評価★☆☆☆☆

KAATで上演中

久しぶ りに観劇途中で席を立った。約2時間半の公演の3分の1を経過したあたりで、我慢できなくなった。最近は大外れを引かなくなっていただけに、期待した公演に裏切られた思いだ。作家の独りよがり、自己満足を見せつけられた。

役者としても活躍する岩井秀人率いるハイバイは、人間観察力に優れた狭い関係性のドラマで定評を受ける。老いも若きも良きも悪しきも引っくるめて、ありのままの人間の姿を巧みにデフォルメして提示してきた。

本公演は趣向をガラリと変えた。実験的な試みだと直ぐに分かった。RPG演劇。ドラクエのようなロールプレイングゲーム形式で演じるらしい。岩井自身が冒頭に説明する。

文字通り、等身大の人物がキャラに扮して、舞台上を駆け巡る。ただそれだけで、ストーリーが薄っぺらく、キャラに魅力もない。2.5次元演劇というゲームの世界を題材にしたジャンルが台頭しつつある今、何を見せたかったのか全く分からない。

50分ほどで終わると再び岩井が登場し、引きこもりだった10代後半のゲーム浸けの日々について語り始める。あまりにグダグダで全く惹き付けられない。無情に15分ほどが過ぎる。

ここで嫌になった。帰ろうかと思い客席を見渡すも、動く気配はない。自分の感覚がおかしいのかなと考え直し、もう少し我慢してみる。

第2部新派。新派公演の真似事で、これまた中身がない。写メOKということで、さながらファッションショーの様相。ファンなら楽しめるかもしれないが、普通に演劇を楽しみたい人間にとっては苦痛に他ならない。

この新派の途中、思いきって席を立った。作者が目の前にいるので気まずかったが、一観客の意思表示として突き付けるのは大切だと思った。

思えば、入場時から雲行きは怪しかった。後方の席だったのに前が空いてるからどうぞとスタッフに薦められた。売れてないんだ。実際観て納得。ハイバイには期待している。だから、次こそ本来の姿を見せてほしい。でなければ、厳しい観客は離れてしまうだろう。