きょうりゅうですしおすし

 『前前前世』をもじって『先先先生』というのはどうだろうと考えてみたものの、よく考えたら森昌子の『せんせい』がまんまそんな歌詞だよなあ、などとどうでもいいことを考えてしまったりする今日このごろ。

 午前中はかんかん照りだったのに、午後に事務所に出向いて仕事をしていたら、急にどす黒い雲が広がってきた。今にも豪雨になりそうな気配だったが、少しぱらついただけで、帰宅時にも少し小雨にたたられた程度ですんだ。やれやれ。

 夜にテレビで『ジュラシック・ワールド』(二〇一五)放映していたので再見。

 劇場公開時とは違う新録の吹替版!というのが売りで、劇場公開時は玉木宏木村佳乃が吹き替えていたけれど、今回のテレビ放映は山本耕史仲間由紀恵が吹き替え。劇場版は、玉木宏は下手ではないんだけどもうひとつ声のイメージが画面と合っていないなあという印象だったが、今回の山本耕史玉木宏に比べると画面には合っているけれど、どうしても本人のイメージが前に出て違和感を感じさせてしまうなあというのが正直なところ。仲間由紀恵も同様の難あり。好意的に解釈すれば、あのブライス・ダラス・ハワードという女優さんのアンドロイドみたいな雰囲気(はっきりいってメイクひどいよね、とくに前半)には合っていたと言えなくもないけど。

 どうでもいいけど今回の吹き替えについて調べていたら、仲間由紀恵を「声優初挑戦」としているサイトがあったんだが(https://thepaperback.net/jurassicworld/)、それを言うなら「吹き替え初挑戦」だろう。アニメで声優をやっている作品がちゃんとあるぞ。

 あんまし関係ないけど、クライマックスのパーク内の場面で、「寿司」と漢字で書かれたネオンがあったことに気付いてちょっと笑った。ヴェロキラプトルの握りとか出てくるんなら食べてみたい。トリケラトプスのえんがわって美味いのかなあ。プテラノドンは筋っぽそうだ。パラサウロロフスは水っぽそうだし。ステゴサウルスの背板の部分は、炙って酒に入れたら鰭酒みたいになるだろうか。