新選組

芹沢鴨酒乱で暴れまわったが、面倒見のよいところもあった。新選組初代局長、無残な最後をとげる。

近藤勇

多摩のガキ大将から、市谷試衛館の主になる。将軍警護のため、仲間とともに京都へ、壬生浪士組をへて、新選組を結成する。念願の武士となるや、幕府とともに敗走することになる。

(名言)右手が使えなくても、左手がある。

土方歳三

幼いころから、武士を夢見る。天然理心流に入門し市谷試衛館へ、新選組をまとめあげた鬼の副長、死に場所を探して戦い続ける。

(名言)吾れ、この柵にありて、退く者を斬らん

沖田総司

早くから発揮された剣の才能、病魔にむしばまれ、短い生涯を終える。

伊藤甲子太郎

北辰一刀流の道場主から新選組へ、脱退して御陵衛士を結成するも暗殺される。

広告を非表示にする